macで外付けhddを使って写真や動画などを保存する方法

mac 外付けhdd

 

macを使うことで、写真や動画の編集や管理などがとてもスムーズに行うことができます。

 

しかし、すぐに容量がいっぱいになるので困ってしまう場合もあるでしょう。

 

そんな時に役に立つのが、外付けhddです。

 

外付けhddを使うことによって思い通りの編集や収集を行えるようになりますが、どうやってファイルを移動させるのでしょうか?

 

 

iphotoを使い外付けhddに移動する

 

mac 外付けhdd

 

macの標準搭載アプリの「iphoto」は写真などの情報をライブラリと呼ばれるデータベースにて管理しています。

 

初期状態においては「ホーム」にある「ピクチャ」フォルダに作られるので、すぐに内臓データがいっぱいなります。

 

スポンサーリンク

 

そこで外付けhddを使って、iphotoのライブラリに収納できるスペースを増やしてみましょう。

 

実はiphotoは、ライブラリを複数作成してそれを切り替えて使うことができるので、外付けhddに新しくライブラリを作成が可能なのです。

 

 

外付けhddに保存しよう

 

mac 外付けhdd

 

まずはiphotoを起動して専用画面を表示させます。そこから、画面上部にある「ファイル」を選択し、「ライブラリを切り替える」を選びます。

 

そこで新しく現れたダイアログで「新規作成」を選択します。

 

ライブラリの保存先を既存の状態から外付けhdd内に指定をするとライブラリの選択画面が現れるので、それを選びiphotoを再起動させましょう。

 

スポンサーリンク

 

これでライブラリを外付けhddに移動させることに成功できたので、次回からそちらに編集したデータを保存できます。

 

 

mac単体で写真や動画の管理などを行うと、すぐに容量がいっぱいになります。

 

標準搭載アプリのiphotoはかなり使いやすいので、外付けhddを使って大容量の中で自由に編集を楽しみたいですね。