macで画像編集を便利に活用する2つのテクニック

mac 画像編集

 

macでは画像編集に最適なアプリを探すのに苦労します。

 

無料で配布されているものはいくつも見つかりますが、どれもが一長一短というカタチで、不便に感じる部分も確かにあるのです。

 

では、macで画像編集をするのにはどんな方法を用いるのが適切なのでしょうか?

 

 

mac標準搭載の「プレビュー」を活用する

 

mac 画像編集

 

macにおいて標準搭載されている「プレビュー」を用いることで、デザイナーでない限りはある程度の編集機能が揃っているので不自由を感じることは少ないでしょう。

 

「プレビュー」を使用するには、まず素材となる画像を用意し、その画像をダブルクリックします。

 

ダブルクリックをすると、画像の上部にメニューバーが表示されますので、右側にある「バッグ」のようなアイコンをクリックします。

 

スポンサーリンク

 

すると、画像編集に用いる様々なツールが表示されます。

 

ここを上手に使うことによって、「プレビュー」を使いこなすことができるのです。

 

 

画像編集でテキストや吹き出しなども挿入できる

 

mac 画像編集

 

macに標準搭載されている「プレビュー」を用いることで、ある程度の編集ができます。

 

「バッグ」のようなアイコンをクリックをして登場するツールの中で、画像に文字を入れるのであれば「T」マークをクリックします。

 

すると画像部分に「テキスト」と書かれた枠が出てきますので、そこに任意の文字を入力することで文字を入力できます。

 

スポンサーリンク

 

「A」というアイコンをクリックすれば、文字の大きさや色などを変更することができます。

 

「図形」アイコンでは、画像に吹き出しなどを挿入することができるので、伝えたい情報をより増やすこともできるでしょう。

 

 

このように、macでは標準搭載されている「プレビュー」を使えば、ある程度の画像編集を行うことができます。

 

使いこなすのに少し時間がかかるかもしれませんが、特別にアプリを用いずとも使えるのでとても便利ですよ。