無料ソフトが便利!macで簡単に圧縮ファイルを作成する方法

mac 圧縮

 

macを仕事やプライベートで使用していると、容量の多いファイルを圧縮したいと思うときもあるでしょう。

 

圧縮したファイルを、他の人に配る場合もあるかもしれません。

 

macでは、どのようにすれば圧縮ができるのでしょうか?

 

 

macからwindowsに圧縮ホルダーを送信する時は、文字化けに注意!

 

mac 圧縮

 

macで圧縮する方法はとても簡単で、ファイルやフォルダを右クリックして、「○○を圧縮」というメニューを選択すれば完了です。

 

macの場合の一般的な圧縮形式は「ZIP」で、windowsの場合は、「ZIPやLZH」です。

 

macの圧縮ファイルを、windowsユーザーに送る場合は、一般的な「ZIP」形式にしておけば問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

しかし標準搭載されている圧縮メニューを使って、ファイルやフォルダを圧縮し、それをwindowsユーザーに送る場合には注意が必要です。

 

というのも、圧縮したファイルの名前に日本語を入れると、windowsでは文字化けをしたり、「_MACOSX」という不要なフォルダが勝手に作成されてしまうケースがあるのです。

 

そのため、単純に圧縮するだけならともかく、windowsユーザーに送る場合には、違うソフトを使ったほうが良いでしょう。

 

 

使用者から高評価!圧縮ソフト「WinAechiver Lite」

 

mac 圧縮

 

macとwindowsで互換性のある圧縮ファイルが作成できる、無料ソフトは多く存在します。

 

自分に合うものを探すのが一番ですが、多くのユーザーから支持を得ているのが「WinAechiver Lite」と呼ばれるソフトです。

 

スポンサーリンク

 

このソフトを起動して、ファイルやフォルダをそこにドラッグ&ドロップするだけで自動的に圧縮をしてくれます。

 

もちろん日本語のフォルダ名をつけたとしても、文字化けを防止してくれるので名称を気にする必要はありません。

 

不要なフォルダも作成されませんし、説明などは不要で直観的に操作ができるシンプルな構造は、初心者にも優しいです。

 

 

こちらもおすすめ!圧縮ファイルは「Finder」で簡単作成

 

mac 圧縮

 

macで圧縮ファイルを作成する方法に、「Finder」を使うものもあります。

 

 

1:「Finder」を立ち上げます。

 

2:圧縮したいファイルやフォルダを単数、あるいは複数選んでください。

 

3:ファイルやフォルダを選択した状態にして、Finderのファイルメニューを開きます。

 

4:ファイルメニューの中ほどにある「○○を圧縮」をクリック。

 

5:同じフォルダに、ZIPファイルが作成されていることを確認。

 

 

この方法を使っても、圧縮は簡単にできるので、覚えておくと便利でしょう。

 

 

機密情報はmacのパスワード付き圧縮ファイルで保護できる

 

mac 圧縮

 

圧縮したファイルの中に、機密情報が隠されている場合は、パスワードをかけておくと安心です。

 

パスワード付きの圧縮ファイルを作成するには、「mac os x 10.5」以降が必要となります。

 

 

1:ターミナルを開きます。

 

2:zipcloakと入力後「半角スペース」をあけて、パスワードをかける予定のZIPファイルをドラッグ&ドロップして、「Enter」キーを押します。

 

3:Enter password:任意のパスワード

 

4:verify password:先ほどのパスワード

 

 

この手順を実行すれば、パスワード付きの圧縮ファイルを作成することが可能です。

 

 

ここでは、macの圧縮方法について見ていきました。

 

簡単に圧縮ができると分かったのではないでしょうか?

 

windowsとの互換性が気になる場合には、無料ソフトを使うことでその問題を解決できるでしょう。