macでフォントのファイル保存場所を確認する方法

mac フォント

 

macではwindowsと違い滑らかなフォントが人気です。

 

しかし、そのフォントが保存されているファイルがどこにあるのか探すのが大変ということもあるでしょう。

 

macでフォントのファイルはどこに保存されているのでしょうか?

 

 

フォントをインストールする際に注意が必要

 

mac フォント

 

macで内臓されているフォントだけではなく、無料でインストールできるアプリからも、フォントを取得できます。

 

その時に、フォントを保存している場所が、アプリと内臓されているものとを一緒にしてしまうと、削除したときに不具合が生じる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

そのため、macに内臓されているフォントフォルダと、アプリで新規にインストールするフォルダを別々に分ける必要があるので、その部分は注意してください。

 

 

macに内臓されているフォントを確認する

 

mac フォント

 

内臓されているフォントがどこにあるのか、まずはその場所を確かめます。

 

フォントが収納されている場所は「起動ディスク」から「システム」>「ライブラリ」に移動します。

 

すると「Fonts」と書かれたフォルダがありますので、そこに内臓されているフォントが入っています。

 

 

フォントにどんなものが用意されているかを知るには?

 

mac フォント

 

macに内臓されているフォントを管理しているアプリケーションに「Font Book」があります。

 

文字が正常に出力できていない場合には、この部分を管理してみる必要があります。

 

「Font Book」を起動するには、「起動ディスク」から「アプリケーション」を選び「Font Book」を選択します。

 

スポンサーリンク

 

標準のフォント管理アプリケーションというだけあり、用途別やユーザーフォントなどの分野別などと、様々な表示方法が指定できるのが便利です。

 

「Font Book」を利用すれば、サンプル文字をプレビュー表示してくれます。

 

字体の名称だけを見ても、実際にそれがどのようなタイプの文字なのか分からないということもあるでしょう。

 

そんな時は「Font Book」画面上部にある「プレビュー」メニューから「レパートリー」を選択すると、フォントで表示できる文字を一覧として表示してくれます。

 

さらに「カスタム」を選択すると、自分の好きな文章でフォントのサンプルをカスタマイズして表示が可能です。