慌てないで!macのパスワードを忘れた場合の3つの対処法

mac パスワード

 

macに限らず、様々なウェブサービスではパスワードの入力が必須となってきました。

 

何をするにもパソコンやネットが必要になってきた現代社会では、セキュリティに関しては個人も企業も注意をしなければいけません。

 

もし設定しているパスワードを忘れたりもすれば、大変な事態に繋がりかねません。

 

macでパスワードを忘れたりした場合には、どう対処していけば良いでしょうか?

 

 

対処法@「復旧ボリューム」で再設定が可能

 

mac パスワード

 

macで設定しているパスワードは、macにログインする際に必要となる情報です。

 

もし忘れてしまったら、macを起動することすらできないので、お手上げな状態となるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

そんな時にmacが備えている、「復旧ボリューム」が役に立ちます。

 

復旧ボリュームを使えば、忘れてしまったパスワードの再設定が可能となるのです。

 

 

1:「option」キーを押し続けながら、macの電源をオンにして起動します。

 

2:いつもとは違う画面が表示されるので、そこから「復旧ボリューム」を選んでください。

 

3:復旧ボリュームからシステムが自動起動するので、「ユーティリティ」タブから「ターミナル」を選択します。

 

4:ターミナルに「resetpassword」と入力してください。

 

5:別ウィンドウが表示されたら、「このユーザの新しいパスワードを入力してください」に新規パスワードを入れて「保存」をクリックします。

 

 

復旧ボリュームを終了させて、通常起動をさせると「キーチェーンの警告ダイアログ」が表示されます。

 

この画面では、再設定前のパスワードが必要となってしまうので、「新しいキーチェーンを作成」を選んで作成しなおしてくださいね。

 

 

対処法Aパスワード入力画面にヒントが

 

復旧ボリュームを使わないで、パスワードを忘れた場合の対処法として「パスワード復旧」があります。

 

ユーザアカウントのパスワードを思い出せないと、ログインができないのでパソコンの起動が出来なくなります。

 

スポンサーリンク

 

そんな時には、ログインウィンドウに表示されているパスワード入力画面に、何も入力をせずに「ログイン」を選択してみてください。

 

そのままログインができる可能性もありますし、パスワードのヒントが表示されることもあるでしょう。

 

ここでは、「パスワードの復旧」アシスタントを使えば、ユーザアカウントのパスワードを変更したり、リセットが可能です。

 

 

対処法Breturnキーを押してヒントを表示

 

mac パスワード

 

パスワードのヒントを表示するには、「パスワード」入力画面で「return」キーを押してみてください。

 

パスワードのヒントを事前に設定していれば、ヒントボタンが表示されるので、それを見て候補が挙がってきたら、それらを入力してログインをしてください。

 

もし「return」キーを押してログインができたら、パスワードの設定がされていないことを意味しています。

 

これでは、セキュリティがとても甘く、macを紛失した時などに対応ができませんのでしっかりと設定をしておきましょう。

 

 

対処法Cmacのパスワード復旧アシスタントで、パスワードリセット

 

mac パスワード

 

macではパスワードを忘れてしまった人のために、「パスワード復旧」アシスタントが導入されています。

 

パスワード復旧アシスタントを開くには、以下の手順を実行してください。

 

 

1:ログイン画面にて、パスワードを入力せずにしばらく待って電源を切ります。

 

2:再び電源を入れると、「パスワードは復旧可能です」という旨のメッセージが表示されるようになります。

 

3:メッセージを確認したら、電源ボタンを3秒以上長押しして、電源を強制的に切ります。

 

4:電源ボタンをまた押して、通常通り電源を入れてください。

 

5:「パスワードリセット」のウインドウが表示されたら、案内に従いログインをする。

 

 

これで復旧アシスタントが開き、ログインが可能となるのでパスワードの再設定をその後しておきましょう。

 

 

ここでは、macのログインパスワードを忘れた場合の対処法について紹介しました。

 

パスワードを忘れたら、かなり慌てますよね?

 

もしものための手段が、macにはいくつか備わっているので、ぜひ覚えておきましょう。