サクサク共有!macの写真アプリで写真管理を簡単にする方法

mac 写真管理

 

macを利用している人にとって、写真管理は一つの課題でもありました。

 

というのも、iphoneやipadとmacでは、写真管理をするアプリに統一感がなく、どことなく使い勝手が悪かったんですね。

 

といった変化が生じたのでしょうか?

 

 

まるでiphoneの様!macの写真アプリがリリース!

 

mac 写真管理

 

macにアップデートされた、「OS X Yoseころがmacに「写真」アプリが登場してからは、写真管理がとても楽になりました。

 

どうmite 10.10.03」から正式に「写真」アプリがリリースされることになりました。

 

macをアップデートすれば、自動的にアプリケーションの中に追加されています。

 

スポンサーリンク

 

従来のmacで写真管理をするアプリとして、「iPhoto」があまりにも有名でしたよね。

 

しかしこのアプリは、iphoneとの互換性が完璧とは言えずに、どこか中途半端な立ち位置がありました。

 

「写真」アプリは、その問題点を根本的に解決し、まるでiphoneで操作をしているかのように、写真管理が可能となったのです。

 

 

操作性抜群!mac写真アプリはプロジェクト機能を搭載

 

mac 写真管理

 

macの写真管理として新しく登場した「写真」アプリですが、実際に操作をしてみると操作性に優れていることに気付くでしょう。

 

普段からスマートフォンでiphoneを使用しているのであれば、操作が驚くほど似ていることに唖然としちゃうかもしれませんね。

 

「写真」アプリで使える機能は、以下の通りです。

 

  • 写真一覧閲覧
  • 位置情報から地図上に写真を載せられる
  • プロジェクト機能の搭載
  • iCloud写真共有

 

 

macの写真アプリはスライドショーなどの管理が可能!

 

mac 写真管理

 

macに搭載された写真管理の大定番アプリ、「写真」アプリでは、写真一覧をiphoneで見ているのと同じデザインで閲覧ができます。

 

またこちらもiphoneでお馴染みだった、現在地情報を登録して地図上に写真を載せて、視覚的に楽しめる要素もプラスされています。

 

スポンサーリンク

 

写真管理では、名前や日付、グループ分けなどの方法でしか管理ができないのですが、地図上に写真を載せられる機能を使えば違う使い方も可能。

 

京都と奈良で撮影した写真を分けたいときなど、現在地情報の登録によって簡単に写真管理ができてしまうのです。

 

プロジェクト機能の搭載によって、カレンダーの作成やスライドショーの実施といった、様々なカスタマイズも可能となったのです。

 

 

保存は「iCloudフォトライブラリー」で

 

mac 写真管理

 

「写真」アプリによって、写真管理が一段と簡単になったのは、「iCloudフォトライブラリー」が追加されたことでしょう。

 

つまりiphoneやipadで撮った写真を、macでも表示、あるいはその逆が可能となったのです。

 

クラウド技術を利用して、ネット上に自身に割り振られた領域を使ってデータのやり取りを簡単に行えるようにしたのが、icloudフォトライブラリー。

 

icloud上に写真データを保存しておけば、iphoneやmacから元データを削除しても、icloud上のデータは消えないのでストレージの節約が可能。

 

撮影した写真は、自動的にicloudへ自動保存されるので、macが故障した時でもiphoneで気軽に閲覧ができてしまうのです!

 

「写真」アプリがあれば、写真管理がとっても簡単に、便利に使えるので、まさに手放せないアプリですね。

 

 

いかがでしたか?

 

写真アプリは、macやiphoneで同じ写真を共有できるようになっており、写真をよく撮影する人にとってはかなり便利なアプリです。

 

アップデートしていれば、標準搭載されるアプリですので、どこかからインストールする必要もないため、難しい手続きも不要ですぐに使えます。

 

写真管理をしたい人には、とても嬉しい機能ですよ!