macで狙ったソフトを的確にアンインストールする方法

mac アンインストール

 

macOSでは、windowsのようにアプリ一覧から指定したアプリをアンインストールするような機能は付いていません。

 

macではmacなりのアンインストールする方法がありますので、その方法を用いる必要があります。

 

では、macでアンインストールするにはどんな方法が必要になるのでしょうか?

 

 

App Storeからインストールした場合のアンインストール

 

mac アンインストール

 

macではどの場所でアプリをインストールしたかによって、アンインストール方法が異なりますので注意が必要です。

 

一番インストール先として多い、App Storeのアプリを削除する場合には、まずLaunchpadを起動させます。

 

LaunchpadはF5キーを入力するか、Dockにある「ロケット」アイコンをクリックすれば開くことができます。

 

スポンサーリンク

 

「Launchpad」を起動したら、何でも良いのでアプリを長押しします。iphoneなどと同じような感覚です。そうすると、アプリの左上に「x」マークが表示されます。

 

この「x」マークにカーソルを合わせてクリックすることで、簡単にアプリをアンインストールすることが可能です。

 

xにクリックしたら、警告メッセージが出てきますが、そこで「削除」を選択すれば良いです。

 

 

App Store以外からのアンインストール方法は?

 

mac アンインストール

 

基本的には少ないかもしれませんが、もしApp Store以外からインストールしたアプリを、アンインストールしたい場合には、少し慎重に動作を行う必要があります。

 

まず、インストールしたアプリに、「アンインストールプログラム」がセットで用意されている場合には、それを利用すれば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

また、アプリの説明欄にアンインストールをする方法が明記されている場合には、そちらを参考にして実施しましょう。

 

アンインストール方法が何も明記されていない場合には、「finder」にある「アプリケーション」フォルダから削除したいアプリを右クリックして、「ゴミ箱に入れる」を選択すればキレイに削除できます。

 

 

macではアンインストール方法が、インストールをどこからしたかによって変わってきます。

 

そのため、少しアンインストールの方法が面倒なアプリもありますので、注意しておきましょう。