macからwindowsにリモートデスクトップ接続する方法

mac リモートデスクトップ

 

macのOSを私生活で使っており、仕事上ではwindowsを用いているという人は多いでしょう。

 

しかし、仕事の関係でwindowsに搭載されているアプリケーションを、macで使えたなら嬉しいですよね。

 

macではリモートデスクトップという方法で、windowsのアプリをmac上で起動させることができます。

 

それを実現するには、どんな方法があるのでしょうか?

 

 

macアプリの「Remote Desktop」を利用する

 

mac リモートデスクトップ

 

macとwindowsとをリモートデスクトップで繋ぐには、専用のアプリの「Remote Desktop」というアプリを用います。

 

こちらは、無料でAppleストアからダウンロードできるので、最初に取得をしてインストールしておきましょう。

 

まずは、インストールした「Remote Desktop」を起動させます。

 

スポンサーリンク

 

すると、確認画面が表示されますので、左下にある「Don't show this again」を選択して「close」をクリックします。

 

すると画面が切り替わりますので、左上にある「NEW」をクリックします。

 

すると、接続先(動かしたいwindowsパソコン)の設定を行います。

 

接続名や、接続先のIPアドレス、ログインする際のユーザー名とパスワードなどを入力してからこの画面を閉じます。

 

 

接続先のリモートデスクトップアプリケーションを操作!

 

mac リモートデスクトップ

 

「Remote Desktop」を使い、接続先の情報を入力したならば、最初の画面に新しい「接続先」が追加されているので、「Start」をクリックして接続を開始させます。

 

次の画面では「証明書を検証」という画面が表示されますので、「continue」をクリックして続行させます。

 

スポンサーリンク

 

すると、macのデスクトップに、windowsの画面が表示され、そこでインストールされているアプリを用いることができます。

 

通常設定であればフルスクリーンで表示されるのですが、それが嫌であれば、「Resolution」を変更して、「Start session in full screen」のチェックを外しましょう。

 

この手順は、最初の「接続先の設定」のところで変更ができます。

 

 

このような手順を用いることで、リモートデスクトップ接続を、mac本体上で行うことができるのです。