【注意】macにウイルス対策が必要ないって本当なの!?

mac ウイルス

 

macを買う人の中には「ウイルス対策が必要なくて楽だから」という理由を持っている場合もあります。

 

しかし、パソコンを使いインターネットに接続している環境で、本当にmacはウイルス対策をしなくても大丈夫なのでしょうか?

 

 

ウイルス攻撃者が圧倒的に少ない!?

 

mac ウイルス

 

windowsとmacを比較すると、会社や教育機関などではまだまだ圧倒的にwindowsを使用している場合が多いです。

 

クラッカーなど社会的影響を及ぼす行為をする人にとってみれば、windowsのほうが影響力は高いので、macには見向きもしていないのが現実です。

 

スポンサーリンク

 

今後、macが急成長しユーザーが増えてきたとしたら、今度はmacを標的とするウイルスが開発され、被害を受ける可能性は十分にあります。

 

その面から考えてみると、今はあまり必要ないかもしれませんが、今後のことを考えればmacだってウイルス対策をする必要はあるでしょう。

 

 

macのアップデートが定期的に行われているか?

 

mac ウイルス

 

ウイルス対策ソフトを別に導入するというのも良いのですが、まずはmacの設定を見直してみてウイルスが侵入できないような状態を構築しておくことが何よりも重要です。

 

その中で大事になるのが、OSXのアップデートになります。

 

デフォルトの状態では、OSXのアップデートは自動的に調べるようになっていますので、ほとんどは手を加える必要はありません。

 

スポンサーリンク

 

まずAppleメニューの「システム環境設定」をクリックして「App Store」をダブルクリックします。

 

その後「アップデートを自動的に確認」にチェックが入っていれば、自動的にアップデートが行われるようになっています。

 

 

ブラウザを最新の状態に更新してウイルス対策に

 

mac ウイルス

 

macにウイルスが侵入する可能性は今のところ低いですが、ウイルスが侵入してくる場所として一番高いのがブラウザです。

 

ブラウザにはどうしてもバグが付き物です。それは通常では分からないとこにあったとしても、攻撃者がそこを見抜いて攻撃をしてくる可能性もあります。

 

その状態で、悪意があるサイトにアクセスすると、アプリケーションが勝手に終了したり、任意のコードが自動的に実行されてしまうなどが考えられます。

 

そこでブラウザも常に最新の状態に更新しておくことが望ましいでしょう。

 

 

こうした方法を実践することで、パソコンをウイルスに感染させにくいように工夫できます。

 

macは今後ユーザーが増えていくと予想されていますから、今のうちに対策を考えておくと良いでしょう。