緊急事態発生!macが立ち上がらない時の改善・対処方法

mac 立ち上がらない

 

macを使っていたら、突然立ち上がらない状況になったら、とっても困りますよね。

 

プライベートでも仕事でも、macに依存する人は増えてきていますから、立ち上がらない場合の対処法を知っておくことは非常に重要です。

 

では、macが立ち上がらない場合は、どのような対処方法があるのでしょうか?

 

 

方法@PRAMリセットで動作改善をする!

 

mac 立ち上がらない

 

macにはPRAMと呼ばれる、設定記憶用RAMが搭載されています。

 

電源がオフになった後でも、情報を記録しておりユーザー設定を保存しているのです。

 

スポンサーリンク

 

macが立ち上がらない場合には、PRAMをリセットしてみると直る可能性があります。

 

 

1:macの電源がオフになっていることを確認する。

 

2:電源を入れたらすぐ「Command」+「Option」+「P」+「R」キーを同時に押し続けてください。

 

3:macが途中で再起動するので、2回目の起動音が鳴るまでは押し続けます。

 

4:2回目の起動音が鳴ったら、キーを放してください。

 

 

macの動作が明らかにおかしいと感じたら、PRAMリセットをすると改善する可能性が高いと言われますので、操作方法を覚えておきましょう。

 

 

方法ASMSCリセットをして、macの問題点を改善する

 

mac 立ち上がらない

 

PRAMを使用しても、macの異常が改善されない場合には「SMSC」という手段を用いる必要が生じてきます。

 

SMSCとは「システム管理コントローラー」を意味しており、ローレベルの機能を制限することを目的としています。

 

スポンサーリンク

 

デスクトップ型とノートパソコン型によって、少し操作方法が異なります。

 

ここでは2009年以降に販売されている、「macbook」「macbook air」「macbook pro」の操作方法を下記に記載します。

 

 

1:macの電源が切れていることを確認します。

 

2:キーボード左側にある、shift+control+optionキーを同時に押しながら電源ボタンを押してください。

 

3;3つのキーと電源ボタンを同時に放します。

 

4:macの電源を入れてください。

 

 

方法Bディレクトリチェックで問題を発見

 

windowsではお馴染みのセーフモードですが、macにもそれに準ずるもの(セーフブート)が備わっています。

 

macが突如として立ち上がらないといった異常が発生したときには、セーフモードで起動することで問題が発見されて改善する可能性も期待できるでしょう。

 

 

1:macの電源がオフになっていることを確認します。

 

2:電源を押したら、shiftキーをすぐに押したままにしてください。

 

3:灰色のAppleロゴと歯車マークが表示されたら、shiftキーを放します。

 

 

セーフモードでは、ディレクトリチェックを強制的に行うので、問題点があれば勝手に修復をしてくれるのです。

 

様々な部分をチェックしてながら起動をするので、通常よりもずいぶん長く起動に時間がかかるので気長に待ってくださいね。

 

 

方法Cmacがセーフモードで異常の場合、Recobery HDで修正

 

mac 立ち上がらない

 

セーフモードでも、立ち上がらない異常が改善されないとしたら、macの内部に深刻なエラーが発生している可能性があります。

 

こうなると修復という面では難しくなるので、「Recovery HD」を起動して強制的な修復作業を行う必要が生じてくるでしょう。

 

macのバージョンが、10.Lionであればリカバリーをするための領域がHDD内に用意されているので、ここを用います。

 

 

1:macの電源が切れていることを確認します。

 

2:電源ボタンを押したら、Command+Rを押しっぱなしにしてください

 

3:リカバリーモードで自動的に起動。

 

 

リカバリーモードが起動すれば、自動的にディスクのチェックやアクセス権の修正などができるので、そこで改善をしていきます。

 

 

いかがでしたか?

 

macが突然立ち上がらないとなれば、かなり慌ててしまうでしょう。

 

ここで紹介した方法を使えば、ある程度の異常は解決できると考えられています。

 

しかし機械はいつか壊れるものですから、その時の心の準備とバックアップなどの備えは常にしておきたいものですね。