アプリで簡単操作!macで隠しファイルを表示させる2つの方法

mac 隠しファイル

 

macを使って隠しファイルを作成することが可能です。

 

windowsであれば、コントロールパネルから簡単に操作ができましたが、macはそこまで分かりやすくはありません。

 

では、macから隠しファイルを表示させるには、どういった方法があるのでしょうか?

 

 

macの隠しファイルは通常は非表示設定されていて見えない

 

mac 隠しファイル

 

隠しファイルというのは、「不可視ファイル」「ドットファイル」なんて呼ばれ方をしています。

 

誤操作を防止するために設けられている設定で、これに該当すファイルとして「Bash」の設定ファイルや「Apache」の制御ファイルなどがあります。

 

隠しフォルダとしては、「ゴミ箱」などの普段は見る必要がないフォルダやSSHなどの情報を保存する「.ssh」などが有名でしょうか。

 

スポンサーリンク

 

隠しファイルには、名前の前にドット(.)が付いている特徴を持っています。

 

macのこれらの隠しファイルやフォルダは、通常は非表示設定されており、見えないようになっているんですね。

 

ところが、隠しファイルやフォルダを編集したり、使用する時などは表示させなければいけません。

 

その時に使うのが、「Finder」です。

 

 

macの隠しファイルを表示するには「Finder」を使う

 

mac 隠しファイル

 

macで隠しファイルを表示させるには、「Finder」>「アプリケーション」>「ユーティリティ」と進み、「ターミナル.app」を起動させます。

 

ターミナルを起動させると、プロンプト($)が出てくるので、そこに以下のようなコマンドを入力します。

 

「 $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE」

 

入力後、設定を反映させる目的で「Finder」のプロセスを終了させます。

 

「 $ killall Finder」

 

ここまで入力すれば設定は完了で、隠しファイルの表示ができているハズです。

 

スポンサーリンク

 

隠しファイルには、「.○○」のようにファイル名の最初に「.」が付いているのが目印なので確認の際は確かめてみてください。

 

隠しファイルを非表示に戻すには、ターミナルのプロンプトに以下のコマンドを入力します。

 

「 $ defaults write com.apple.finder AppleShowAllfiles FALSE」

 

「 $killall finder」

 

 

表示/非表示を簡単に切り替えられるアプリ「Funter」!

 

mac 隠しファイル

 

ターミナルを使うことによって、隠しファイルを表示/非表示が可能だと紹介しましたが、いちいち設定するのは大変ですよね?

 

そんな時は、隠しファイルの表示/非表示を簡単に切り替えられるアプリを使うと便利です。

 

そのアプリは「Funter」であり、検索をすればすぐに出てくるので、他のアプリをインストールする手順でmacに入れましょう。

 

 

1:インストールした「Funter」を、フォルダ「Applications」へドラッグ&ドロップして移動させます。

 

2:フォルダ「アプリケーション」から先ほどインストールした「Funter」を起動。

 

3:起動するとメニューの上部に白丸が表示されるので、そこをクリックして「Show Hidden Files」を選択。

 

4:白丸が黒丸に変われば、「.」ファイル(隠しファイル)が表示されます。

 

5:非表示にするには、黒丸をクリックして「Show Hidden Files」のチェックを外します。

 

 

この手順に従ってアプリの操作をするだけで、隠しファイルの表示/非表示が簡単にできてしまうのです。

 

 

注意!macの隠しファイルの操作が終わったら必ず非表示に戻す

 

mac 隠しファイル

 

いかがでしたか?

 

ここではmacに存在する隠しファイルを表示させる方法について紹介しました。

 

隠しファイルは、ユーザーの誤操作等によって削除されるのを防ぐために存在しています。

 

ターミナルやアプリを使うことによって、隠しファイルの閲覧や操作が可能ですが、終わったら必ず非表示(デフォルト)に戻すようにしてくださいね。