省エネ実現!macのスリープ設定法とスリープの上手な使い方

mac スリープ

 

macでは操作を終了させた後でも、再び起動する時間を早めるために「スリープ」という機能が搭載されています。

 

起動速度が速いばかりか、節電という意味でも重要な役割を担っていると言われます。

 

そんなmacのスリープですが、どう設定していけば良いのでしょうか?

 

 

スリープ設定可能な「省エネルギーパネル」

 

mac スリープ

 

ディスプレイとキーボードが一体になっている、「ポータブルmac」には、「省エネルギーパネル」というものが搭載されています。

 

ここでは一定の時間、macから離れた際に取る動作を設定することが可能です。

 

基本的に行える動作は、以下の2つです。

 

  • ハードディスクの回転を停止させる
  • ディスプレイをスリープさせる

 

コンピュータを操作していないとき、ハードディスクの回転を止めるかどうかの選択が可能です。

 

スポンサーリンク

 

また、ディスプレイのスリープ設定もできます。

 

ディスプレイのスリープを、コンピュータのスリープよりも短い時間で設定をしておくと、コンピュータを操作していない時間が、所定を超えた場合にディスプレイが先にスリープしてくれます。

 

ディスプレイをスリープにさせると、macは動いているけど画面が消えているという状態になるので、画面を付ければすぐに操作が可能です。

 

コンピュータを触っていない時間が、ディスプレイスリープ設定よりも長い場合はどうなるのでしょうか?

 

この場合は、最初にディスプレイがスリープに入り、その後コンピュータがスリープモードに突入します。

 

ここで、「コンピュータのスリープ」を「しない」に設定している場合はこの限りではありません。

 

 

Appleメニューなどでmacを強制的にスリープモードに

 

mac スリープ

 

「省エネルギーパネル」による設定に関わらず、macをスリープモードにさせることは可能です。

 

それには以下のいずれかの方法を実行させると、その状態になるので覚えておきましょう。

 

  • 電源キーを押した直後に「スリープ」を選択する。
  • Appleメニューから「スリープ」を選択する。
  • ポータブルmacの場合は、蓋を閉じる。

 

スポンサーリンク

 

macのスリープモードはマイクロプロセッサが低電力に変化する

 

mac スリープ

 

もしmacがスリープモードになったら、どんな変化が起こるのでしょうか?

 

すべてのmacに見られる変化は以下の通りです。

 

  • ディスプレイがオフになりアイドルモードへ突入する。
  • マイクロプロセッサが低電力のモードになる。
  • ハードディスクの回転が停止。

 

 

スリープ状態のmacは電力消費を抑制し、省エネを実現!

 

mac スリープ

 

macはスリープモードになると、電力消費を大幅に抑えることができます。

 

スリープモードになっても、RAMには電力が供給されているので以前の状態が維持されたままの状態が続いているのです。

 

再び電源を入れたときには、すぐに復帰できるのでアイドリング状態のときには、スリープ状態になるように設定しておくとお得ですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

macではスリープモードが搭載されており、設定で時間の変更が可能です。

 

いちいちシャットダウンをしていては、起動時に電力を多く使ってしまうので電力消費としては無駄と言えるでしょう。

 

上手にスリープモードを使って、省エネを実現させてみてください!