macをバックアップして過去の状態に戻す方法

mac バックアップ

 

macのOSに標準内臓されているバックアップ機能が「Time Machine」です。

 

名前の通り、未来へは行けませんが過去の状態にmacを戻してくれる機能があります。

 

全てのファイルをコピーして適切な過去の状態へ、いつでもタイムとリップができる方法ですが、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

macのバックアップ保存先を設定する

 

mac バックアップ

 

「Time Machine」を使いたい場合には、バックアップの保存先をまずは設定する必要があります。

 

USBやThunderboltのポートに接続された外付けHDDにファイルをバックアップさせることも可能です。

 

ネットワーク上にある収納スペースの「AirMac Time Capsule」や「OSX Server」にバックアップさせることもできるのです。

 

スポンサーリンク

 

「Time Machine」では過去24時間分のバックアップが、毎時間行われ、過去1か月分のバックアップを毎日実行されます。

 

バックアップ用に確保されている容量がいっぱいの場合には、古いファイルが順番に削除されていくので合理的です。

 

 

Time Machineの設定は非常に簡単!

 

mac バックアップ

 

Time Machineを用いることで、macを気軽にバックアップして異常が発生した際に過去に戻すことができます。

 

その設定方法は、外付けHDDを接続するだけです。

 

もしここでTime Machineのバックアップデバイスが指定されていなかった場合には、デバイスを接続してみると、最初にメッセージが表示されますので、設定したい手順で進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

もしバックアップ先を「AirMac Time Capsule」にしたいならば、最初に「AirMac Time Capsule」の設定を行う必要があります。

 

それが設定できたら、保存したい先を選んであげれば次回からは、「AirMac Time Capsule」内にバックアップファイルを保存してくれます。

 

 

初回バックアップから自動で行ってくれる

 

mac バックアップ

 

バックアップは定期的に行うのが望ましいですが、人間はうっかり忘れてしまうこともあります。

 

しかし、macでは「Time Machine」が自動でバックアップを行うようにデフォルトで設定されています。

 

異常が起きて初期化する場合でも、途中の状態に復元させることができるので、利用者にとっては非常に助かりますね。