動作を軽くしたい!macのメモリを増設する方法と注意点

mac メモリ増設

 

macのメモリ増設をして動作を軽くしよう

 

macを長い間使用し続けていると、ネットの閲覧でも「重い」と感じるものです。

 

そんな時は、メモリ増設をしてみると動作を軽くさせることが可能だと言われています。

 

メモリ増設をするには、どうやれば良いのでしょうか?

 

 

メモリ増設の手順!「アップルメニュー」から確認して始めよう

 

mac メモリ増設

 

macのメモリ増設を行うには、自分が持っているmacが持つ機能をしっかりと把握しておく必要があります。

 

メモリの最大積載量やメモリの型番などを知るには、「アップルメニュー」>「このmacについて」を実行して、「詳しい情報を…」という部分をクリックしてください。

 

スポンサーリンク

 

すると所有しているmacのモデル名等が画面に表示されるので、「メモリ」というタブをクリックしてみましょう。

 

ここではメモリの空きスロットや、サイズ等の確認ができるので、「メモリのアップグレードの手順」をクリックしてください。

 

ブラウザが起動するので、さきほど確認したmacの型番をクリックすれば、使用できるメモリのサイズや型番などの確認が可能です。

 

メモリ増設をする前に、必要となる部分ですので知っておきましょう。

 

 

メモリ増設作業は「取り外し」と「人体の静電気」に注意する

 

mac メモリ増設

 

macのメモリ増設をする際には、以下の点に注意してください。

 

  • 無理に取り付けたり、外したりを繰り返さない
  • 静電気にとても弱い
  • 精密機器ということを意識する

 

 

取り外しは慎重に

 

メモリとマザーボードとの接続部分は、いくつかのスロットが存在しています。

 

この部分が欠損でもすれば、パソコンに上手く接続できなくなるのでmacの起動そのものが失敗する可能性があります。

 

スムーズに装着ができなかったとしても、慎重に差し込むようにしてください。

 

 

静電気は大敵

 

メモリを取り付ける周辺は精密機器が密集しています。

 

冬季は人間の体には、信じられないほどの静電気を滞留させているので、静電気を発生させやすい衣類などを装着したまま作業はしないでください。

 

作業をする前には、地面に接している金属部分に手を触れて放電してから、メモリ増設作業にとりかかりましょう。

 

 

精密機器との認識を持つ

 

メモリは簡単に購入できることから、安易な気持ちで作業してしまう側面があります。

 

しかしmacを動かす根幹部分ですし、当然精密機器ですから、ちょっとした衝撃や欠損によって使い物にならなくなります。

 

焦らず慎重に取り付けをしてくださいね。

 

 

macの型番によってメモリ増設の操作が異なる取り付け方

 

mac メモリ増設

 

メモリ増設をするには、macの型番やメモリサイズに合う製品を購入し、内部からメモリ装着エリアを露出して行います。

 

この方法については、macの型番によって多少操作方法が異なりますし、装着する手順も変わってくるという特徴を持っているのです。

 

スポンサーリンク

 

ですから、ここですべてを紹介はできませんので、Appleサポートのウェブサイトから情報を入手して作業するようにしてください。

 

Appleサポートでは、型番によるメモリ増設方法がイラスト付きで詳細に表示されています。

 

ここを深く読んで作業をしておけば、悩む箇所は少なく、比較的簡単に取り付けが可能となるでしょう。

 

 

macを起動して増設したメモリの総容量が増えているか確認

 

mac メモリ増設

 

メモリ増設が完了したら、macを起動して増設したメモリがしっかりと認識されているかの確認を行ってください。

 

まずはコンピュータを起動して、Appleメニューから「このmacについて」を選択します。

 

ここに記載がされているメモリの総容量が、メモリ増設前から増えていれば成功です。

 

もし変わっていなければ、装着が不十分か購入したメモリが対象外、あるいは初期不良の可能性があるのでもう一度作業をやり直してください。

 

 

ここではメモリ増設のやり方と注意点について見ていきました。

 

型番によって、選ぶべきメモリが変わってくるので、そこをまずは確認する必要があるんですね。

 

メモリ増設と聞けば、なんだか専門的で難しそうなイメージがありますよね?

 

しかし、とても簡単な操作で増設が可能なので、是非覚えておきましょう!