macで簡単にPDFを作成するオススメ方法

mac PDF

 

macをビジネスに活用している人も多いのではないでしょうか。

 

この方法を用いることによって、macの多機能な部分を感じることができるかもしれません。

 

仕事でmacを使うならPDFを作成したいと思うこともあるでしょう。

 

どういった方法を用いればPDFをmacで作成できるのでしょうか?

 

 

PDF専用のアプリは必要としない

 

mac PDF

 

macでPDFを作成するのには、どこかから専用のアプリケーションをインストールしなければいけないのでしょうか?

 

実はそんな必要もなく、PDFを簡単に作成することができるのです。macには標準搭載としてPDFの技術を利用している部分が多々あります。

 

windowsではPDFを閲覧するには特別なソフトが必要で、インストール後もアップデートを繰り返しています。

 

スポンサーリンク

 

それが無ければ閲覧も作成もできませんので不便な一面がありました。

 

しかし、macでは特別なアプリなどは必要なく、ブラウザ上で公開されているPDFを表示させることができ、さらに作成すらも簡単に行えるのです。

 

 

「プリント」を利用してPDF作成をする

 

mac PDF

 

macでPDFを作成するには、標準搭載されているアプリ「プリント」を用いることによって可能となります。

 

専用ブラウザであるsafariで表示されているブラウザの内容や、mailにて送られてきた情報など、アプリケーションによって表示されている部分をPDFとして保存が「プリント」で出来ます。

 

スポンサーリンク

 

まずは、作成したいアプリから画面上部にある「ファイル」メニューを選択して「プリント」コマンドをクリック。

 

すると、プリントダイアログが開きますので、必要な情報を入力していきます。

 

保存する拡張子を「PDF」にして、「PDFとして保存」を選択し保存を実行させると、現在表示されている内容が、PDFの拡張子として保存されるのです。