macをwifiアクセスポイントとして使う設定と手順

mac wifi

 

macはOSXの機能として「ネットワーク共有」を持っています。

 

スマホではテザリングなどと呼ばれていますが、macをwifiアクセスポイントとして設定させることができます。

 

では、その方法はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

ベースステーションをmacで代用が可能

 

mac wifi

 

mac本体を「ネットワーク共有」の仕組みを利用して、Air macベースステーションの代わりとして利用することができます。

 

スポンサーリンク

 

これを使うことで、ベースステーションの調子が悪い時や、旅行やホテルで有線LAN環境しか用意されていないような場合に、iphoneなどからワイヤレスでネット接続をしたいときに有効です。

 

 

wifiネットワーク共有を有効させるには?

 

mac wifi

 

mac本体をwifiアクセスポイントとして有効にさせるには、本体設定を行う必要があります。

 

まず、「システム環境設定」にある「共有」パネルにおいて設定を行います。

 

アクセスポイントとして使用したいmacを、ブロードバンドモデムやONUのLANポートと、ネットケーブルで繋ぎます。

 

ビジネスホテルなどの場合は、LANケーブルなどに繋げるだけで問題ありません。

 

スポンサーリンク

 

そういった準備が出来たら、「共有」パネルを開いて、「サービス」の欄にある「インターネット共有」をクリックします。

 

そして、右下にある「wifiオプション」をクリックしてみると、パネル表示が出てきます。

 

そこでは「ネットワーク名」や「チャンネル」などを設定しますが基本的にはそのままで構いません。

 

「セキュリティ」の項目は「WPA2パーソナル」を選んでパスワードを設定しましょう。

 

このパスワードがmacから提供されている無線LANのアクセスパスワードとなります。全てを入力できたら「OK」をクリックします。

 

 

wifiインターネット共有を設定する

 

mac wifi

 

「共有」という場面に戻って、画面の左側にある「ネットワーク共有」のチェックボックスにレ点をつけて有効にします。

 

表示されたダイアログで「開始」をクリックしてみると、「インターネット共有」のインジゲーターがグリーンになって、無線LANのアクセスポイントが完了します。

 

これによってmacがインターネット共有の台になり、wifiアクセスポイントとして有効させることができます。