エラーを修復!macをセーフモードで起動する3つの方法と注意

mac セーフモード

 

macを使っていて、急なトラブルが発生し起動も上手くいかなくなった…。

 

このようなエラーが起きれば、誰だって焦ってしまいますよね。

 

そんな時は、「セーフモード」を使って問題個所を修復したり、原因を削除することが可能です。

 

セーフモードを扱うには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

macのセーフモードはインストールやログインの問題を解消してくれる!

 

mac セーフモード

 

macをセーフモードすると、一部のソフトウェアの起動を制限したり、逆に自動的に読み込むようになり問題個所を見つけやすくなります。

 

トラブルがどこで起こっているのか、通常起動では発見しにくい細部にまで原因を探っていくための起動方法が、セーフモードです。

 

スポンサーリンク

 

セーフモードで起動すると、次のような処理が自動で行われます。

 

  • ユーザーがインストールしたフォントの無効
  • ログインや起動項目が自動で開かないようにする
  • カーネル機能の拡張だけを読み込む
  • 起動ディスクから問題点を見つけ出し修復する
  • キャッシュの削除

 

これらを行うことによって、問題点を発見しトラブルを解消できる可能性が高まるのです。

 

 

macのセーフモードの設定手順

 

mac セーフモード

 

macでセーフモードを起動するには、以下の手順を実施してください。

 

 

1:起動しているmacを再起動、電源が落ちているときは起動をする

 

2:起動の際に発する音が聞こえたら、「Shift」キーを押しっぱなしにして待ちます

 

3:Appleというロゴが出たら、「Shift」キーを離すとセーフモードの画面になります

 

 

セーフモードで実行すると、通常起動よりも立ち上がりがかなり遅い場合があります。

 

スポンサーリンク

 

これは故障ではなく、ディレクトリのチェックを自動的に実行しているために起こるものですから心配しないでください。

 

もし起動ディスクに「FileVault」を用いていて暗号化されている場合であっても、macの電源を入れてすぐに「Shift」キーを押したままにすればセーフモードで起動できます。

 

 

macのセーフモード時は「OS X」が問題を自動的に修正してくれる

 

mac セーフモード

 

macをセーフモードで起動している最中に、自動的に再起動をする場合には「OS X」が問題を検出して自動的に修正をしている可能性が高いです。

 

macがフリーズしたり、急に電源が落ちるなどのトラブルが発生した場合は、起動ディスク上のディレクトリに問題が発生している場合が多いと考えられます。

 

そのため、セーフモードでは起動ディスク上におけるディレクトリの修復を優先するために、問題の修復が終われば自動的に再起動をされる仕組みがプログラムされています。

 

もしセーフモードをしている最中に、macの電源が落ちるようでしたら電源接続周辺を再度確認してください。

 

macのセーフモード時でも、電源が落ちたりフリーズをする場合にはAppleサポートに相談するしかありません。

 

 

注意!macがセーフモードで起動している時は一部機能が制限される

 

mac セーフモード

 

macがセーフモードで起動しているときは、一部の機能が利用できなくなります。

 

この現象は通常起動に戻せば解消されます。

 

  • USBデバイスの読み込み
  • DVDプレーヤーの再生
  • Wi-Fiの利用制限
  • オーディオデバイスの利用

 

セーフモードでは、これらの機能がバージョンによっては利用不可能ですので、注意が必要です。

 

 

macでセーフモードで起動する方法等について紹介しました。

 

トラブルが急に発生したら、困ってしまいますよね?

 

そんな時に自動で異常を見つけたり、発見しやすくなるのがセーフモードなので、起動方法を知っておきましょう。