macの復元を簡単に!TimeMachineの使い方と注意点

mac 復元

 

macをしていて、システムがどうにも起動できなくなったら、大変困りますよね。

 

そんな時のために、復元システムをmacは搭載しています。

 

では、どうすればmacの復元が可能となるのでしょうか?

 

 

macはTime Machineのシステムを使って復元する

 

mac 復元

 

macの復元で使用するのは、「Time Machine」というシステムで、バックアップの状態へ戻すことによって復元をしてくれます。

 

ですから、Time Machineを使うには事前にパソコンの元気な時の状態をバックアップしておく必要があるんですね。

 

スポンサーリンク

 

macでTime Machineを使って復元させるには、以下の方法を用います。

 

 

1:ディスクユーティリティの起動

 

2:バックアップから復元

 

3:完了まで待機

 

 

この3ステップですぐに復元できてしまうので、PC初心者の人でも安心して実施することができますよ。

 

 

macの復元には、まずディスクユーティリティを起動させよう

 

mac 復元

 

macの復元をするには、Time Machineを起動させなければいけません。

 

これは、「ディスクユーティリティ」と呼ばれる場所に存在するので、そこにまずは移動しましょう。

 

それには「Command」+「R」キーを押しながらmacの電源ボタンを投入します。

 

スポンサーリンク

 

すると、通常の起動とは違って、画面には「mac os x ユーティリティ」というメニューが表示されるようにないります。

 

4つほどの選択肢の中から、「Time Machineバックアップから復元」を選択してください。

 

 

注意点!バックアップから復元するには復元情報を必ず理解して進む

 

mac 復元

 

「Time Machineバックアップから復元」を選択すると、「システムの復元」という画面が表示されます。

 

ここではバックアップされている情報を利用して、コンピュータを復元する際に知っておくべき情報が書かれているので、しっかりと確認をしてください。

 

問題なければ「続ける」をクリックして次の操作に進みます。

 

 

macの復元方法の選択!外付けHDDかディスクかを選ぶ

 

バックアップをするためには、macに接続されている外付けHDDか、Time CapsuleなどのNASで使用しているディスクが必要です。

 

そのどちらを使って復元するかを、「続ける」をクリックした後に表示される画面から選ぶようになっています。

 

ここでは外付けHDDを利用しなくても、バックアップが可能な便利機能「Time Capsule」を使ったと想定して、その後の方法を記載していきますね。

 

画面ではバックアップが保存されている、ディスクが自動的に表示されているので、それをクリックして選び、「接続」をクリックしてください。

 

クリックすると、NASに接続するための、名前とパスワードを入力します。

 

ここで使うのは、ログイン用の名前とパスワードです。

 

認証が完了したら、バックアップで保存されているデータが表示されるので、ここからバックアップしたいデータを選択して、「続ける」をクリックしてください。

 

 

バックアップデータの復元はMachintosh HDに

 

mac 復元

 

バックアップをしたデータを、どこのディスクに復元するかの設定が出てきます。

 

基本的には、Machintosh HDにしておけば問題ないでしょう。

 

選択したら、「復元」をクリックしてください。

 

後は自動的に復元がスタートするので、しばらく待機した後に以前の状態にmacが戻っているので普段通りに使えるようになりますよ。

 

 

いかがでしたか?

 

macのTime Machineは、PCの操作に不安がある初心者でも簡単に復元できるように設定されています。

 

macだって機械ですから、いつかは壊れてしまうでしょう。

 

そのときに、以前の状態に復元できたら何かと心強いのは間違いありません。

 

万が一の時に備えて、バックアップと復元はセットで覚えておきましょう。