macでペイント機能が使えるオススメの専用アプリ

mac ペイント

 

windowsに標準搭載されている画像編集ソフト「ペイント」は、とても便利で使いやすいとして話題です。

 

macでも、画像編集をしたいと思ってもペイントのように扱いやすいアプリは標準では搭載されていません。

 

どんなアプリを用いることができれば、ペイントのように扱いやすい編集ができるのでしょうか?

 

 

専用アプリ「PaintBrush」を使う!

 

mac ペイント

 

macでwindowsのペイントのような扱いやすいものを用いるには、専用アプリの「PaintBrush」を用いることで可能となります。

 

まるでwindowsのペイントを使っているかのような錯覚を覚えるほど、よく似ています。

 

スポンサーリンク

 

使い方もアイコンもwindowsのペイントとほぼ同じなので、1回でもwiondowsのペイントを使ったことがある人ならば何ら問題なく扱えるでしょう。

 

 

windows以上の便利なペイント機能も付いている

 

mac ペイント

 

「PaintBrush」では、windows以上だと言われている機能が搭載されています。

 

その代表的なのが、「ツール選択画面が描写画面と分離できる」という点です。

 

windowsの場合はツール選択をする画面が上部に一緒にくっついていますので、編集対象としている画像を大きく表示させることができませんでした。

 

スポンサーリンク

 

しかし「PaintBrush」はツールを分離させて好きな場所に配置できますので、編集作成がスムーズに行える仕様になっています。

 

また、カラーを選ぶ際に様々な項目から選ぶことができます。

 

気になっている色の名前が分からないなどの場合でも、自分でカスタマイズして探すこともできますので、色選びが楽しくなることは間違いないでしょう。

 

 

windowsのペイントソフトがあまりにも使いやすいので、それをmacに求めているユーザーは多いものです。

 

それを反映して作成された「PaintBrush」は、想像以上の出来栄えで驚かれています。

 

画像編集ならば、「PaintBrush」があればよほどのことが無い限りは問題ないでしょう。

 

macでのペイントもどんどん進化しているのです。